最新投稿

  • かゆみからわかる恐ろしい病気もある

    体に痛みとかゆみがあるとしたらどちらの方がいいかです。
    それぞれの限度にもよるでしょうが、通常はかゆみの方が我慢できそうに感じます。
    痛みの中には激痛などがあり、寝られなくなるくらいの痛みもあります。
    痛みにしろかゆみにしろそれなりに原因があるとされます。
    まずは原因解明が大事になります。
    かゆみの原因としては、冬の乾燥が多いとされます。
    肌が乾燥すると肌の下のかゆみ成分の刺激を受けやすくなるためです。
    一般的なかゆみ止めの薬は乾燥を和らげてくれ、かゆみ成分の働きを抑えます。
    ですから薬を塗るとかゆみが次第に取れます。
    しかしかゆみ止めを塗ってもかゆみが残る場合があります。
    かゆみが症状として出るものとして、内臓の病気が原因にになっていることがあります。
    腎臓などに何らの問題があるとき、血液中に老廃物などが流れることでかゆみなどにつながるようです。
    かゆみでいきなり腎臓が悪いとは考えるのは難しいでしょうが、血液検査などを受けると細かい病名などが分かります。

  • 風邪やインフルエンザの予防にマスクをする

    最近は1年を通じてマスクをしている人を見かけるようになりました。
    秋から冬は風邪やインフルエン …

  • 冬に起こりやすい感染症を手洗いで防ぐ

    冬に起こりやすい感染症として、まずは風邪とインフルエンザがあります。
    さらに最近はノロウイルス …

  • 睡眠のゴールデンタイムや睡眠サイクル

    昼の活動を効率的に行うには、夜にしっかり睡眠をとる必要があります。
    ギネスにも不眠でどれくらい …

  • 水分補給をするのにいいものと良くないもの

    夏になると熱中症になる人が多くなるとされます。
    冬は少なそうですが、冬にも熱中症があるとされて …