風邪やインフルエンザの予防にマスクをする

最近は1年を通じてマスクをしている人を見かけるようになりました。
秋から冬は風邪やインフルエンザの人が多いのでしょう。
春からは花粉症のシーズンが始まります。
その他PM2.5対策などいろいろな理由でマスクを利用する人がいます。
マスクによって用途が異なるときもあります。
風邪やインフルエンザにかかったら、必ずマスクをしましょう。
自分のためより他人のためです。
これによってくしゃみをしたときの飛散を抑えられます。
では予防をしたいときにマスクが役に立つかです。
風邪やインフルエンザのウイルスは小さいので、一般的なマスクだと簡単に通り抜けるとされます。
それでもマスクはした方がいいとされます。
ウイルスの侵入を防ぐ目的より、口の周りの湿度を保つためです。
風邪や五分るエンザのウイルスは多湿の状態を嫌います。
マスクをしているとその部分が多湿になるので、入ってきたとしても活動しにくくなります。
それなりに予防に役立つと言えるでしょう。